×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口臭の予防を考える:子供がいるお家なら

子供がいるお家なら一度は感じたことがあるのではないでしょうか。「うちの子口臭がする」って思ったことはないでしょうか。子供の口臭にも原因がいくつかあるよ。まずは何と言っても口腔内ケアではないでしょうか。といっても子供自身が上手くできるわけがありません。そこで重要なのはお母さんやお父さんの仕上げ磨きとなってきます。子供の時にできる虫歯、口臭などはお母さんやお父さんに責任があると言っても過言ではありません。お母さんやお父さんが子供の口の中を守ってあげなくてはいけません。では子供の口臭を防ぐにはどうした良いか説明していきます。一番重要なのは先ほどもあげましたが歯みがきになってきます。口の中にプラーク(食べカスなど)が残ることによって口臭の原因となりますのでしっかりしてあげましょう。子供本人はしっかり磨けていなくても歯磨きする事ということを覚えてもらいます。仕上げ磨きは歯一つ一つ確認しながら丁寧に磨いてあげましょう。お子さんが小さいのならガーゼなどで拭いてあげるのでも口臭予防になります。

口臭の予防のために、口臭の原因を解明する

口臭というのは字の通り口の臭いと書くのでもちろん歯にも関係してきます。歯に虫歯ができていてすぐに治療して治せば問題ないのですが、そのままほっておくと虫歯が原因で口臭がしてきます。あとは歯みがきですね。口臭の原因は様々ですが、半数は歯みがきがしっかりできていない、セルフケアができていない為に口臭がするといったケースが多いです。歯みがきしているのにどうして?と思う人もいると思いますが、プラーク(汚れ)がきちんと落ちていないのです。歯の表面はきれいでも歯と歯の間や歯と歯茎の隙間などには残っている場合が多いです。それが積み重なっていくと口臭が発生してきます。口臭予防としてまずはブラッシング指導を受けることをオススメします。ブラッシング方法というのは歯ブラシを歯に垂直に90度に当てて磨くスクラビング方法と歯ブラシを歯に45度にあててみがくバス法というのがあるよ。これは基本的な磨き方です。スクラビング法というのは主に歯の表面を磨きます。ほとんどの人はこの磨き方だと思います。

口臭の予防のために、口臭の臭いの元を探る

口臭がするということはやはりまわりに不快感を与えてしまいますから、出来ることなら防ぎたいですよね。口臭対策としては、まずは歯医者さんへ行きます。虫歯や歯周病などの口腔内に由来する病気が有るのか無いのかを調べてもらいます。虫歯もほっておくと口臭が発生しますし、歯周病もひどくなると独特の臭い(口臭)がしてきます。歯科関係で働いている人ならば歯周病の人は口臭ですぐわかると思います。ますは虫歯があるのならきちんと治療して治します。歯周病の治療もありますからしっかり受けるようにしてください。次に口臭対策としてはやはり口腔内ケアではないでしょうか。毎日の歯みがきができていないとたちまち口の中はばい菌だらけになってしまいます。口の中というのは最近が培養するのには格好の場所です。最近が好む歯と歯茎の隙間や歯と歯の間、舌などはもっとも細菌が増える場所です。そこで重要なのが歯並びですね。歯並びによって歯磨きするときのポイントというのは違ってきます。

Copyright © 2008 口臭の原因と予防になやむ時間は過ぎました!